これは我々の建築展の設計で、東京のGallery MAで2007年12月5日から2008年2月23日の間に開催された。Gallery MAは東京を代表する建築専門のギャラリーで、規模は小さいけれども年に4回非常に注目を集める建築展をする場所として国際的にも知られている。ここで私たちは、同じく北京で設計事務所を経営している迫慶一郎氏(SAKO建築工社)と一緒に建築展を開くように招待された。70㎡の内部空間には、我々がいままで設計してきた、建築、内装設計の計8つの模型、写真パネルが展示され、また中庭には、我々が設計したモニター台にて、オリンピックを間近に控えた北京の市民のインタビュ―画像が流された。 以下が展覧会に際して松原が書いた展示概念文である。


「かわらない、動かない、そこにいくといつも同じような場所をつくりたい。そういうことを中国で仕事をするようになってから強く考えるようになりました。それは街全体が急速に変化している北京にいて、その勢いに憧れの混じったまぶしさを感じつつも、同時に自分がそこにある種の不安も感じているからかもしれません。この変化のスピードは、利用者だけでなく建築を作る側さえおびやかす強度があり、日々その立脚点を見つめ返させられています。 私は設計者として建築をつくるうえでできることは、せいぜい最小限の変わらないもの、使う人に安心を与えるものを準備することでしかないと思っています。どんなふうに使われてもそれでもそこに残るものをその場所にふさわしい形で定着させる、それが建築に可能なことなのではないでしょうか。ものの定着度を調整することこそが設計という行為なのだと思います。中国でいままで定着させてきた建物、内装を、今回2ヵ月半の定着期間の展覧会という形式で日本に持ってきて紹介させていただきます」

 


プロジェクト名:
「立脚中国展開世界 REALIZE」展覧会
設計:
北京松原弘典建筑设计咨询有限公司
設計担当:
松原弘典、中山大二郎、勝田規央
所在地:
東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3階、Gallery MA
延床面積: 70平米
設計時間: 2007年4月-12月
竣工時間: 2007年12月
施工:マパルス(mapuls)
撮影:藤塚光政、ナカサアンドパートナーズ(Nacasa and Partners)
ウェブサイト: www.toto.co.jp/gallerma